sales-writing

最適なLPの長さは?従来型LPと新型LPのメリット・デメリット

最適なLPの長さは?従来型LPと新型LPのメリット・デメリット
従来型LPと新型LPは
インターネットビジネスが広がってからLPも同じように変化を遂げてきました。
LP、ランディングページはオプトインページだったり、セールスページだったりそれぞれの目的を持っています。目的を達成するために、画像を用いたり、統計資料を用いたり、文章を活用して読み手に情報を届けます。
これまでのLPは、文章量が多く上から下までスクロールするのに数十分かかるものも少なくありません。分量が多いから価値があると言うものではなく、それだけの文章量が必要だったから必然的にLPは長くなってきました。
しかし、2020年頃には新しい形のLPが見受けられるようになりました。

新しい形のLPとは

それはこれまでの従来型のLPとは全く異なる形で、特徴としては圧倒的に短いLPだったのです。様々な起業家がこれまでの従来型のLPと新型LPをABテストし
て検証した結果、驚くことにオプトインページであればメールアドレスの登録率は新型LPの短い形の方が数値は高かったのです。
従来型と新型
私もこれまで様々な形でABテストをしてきましたが、新型LPのように短い形でのLPの方が反応が良いケースが多々見受けられました。
今まさにLPに関して言うと新型のLPのように短いものがトレンドになっています。
ではこれからLPを作る際には必ずしも短いものだけでほんとに良いのでしょうか?
確かに結果は出ますが、文章の長さ以上に大切になってくるのは原理原則です。これまでのLPが長かったもの、王道とされるものには必ず理由があります。
この原理原則を理解せずに短いLP、新型LPを作成してもおそらくあなたが望む結果は得られないでしょう。
従来型と新型の特徴
しっかりと従来型のLPで証明されてきた原理原則に則った王道の形を理解することがまず必要になります。原理原則を理解した上で、今トレンドになっている短い形のLPを作成していくと言うのが間違いのない作成の流れになります。

LP文章の長さについて

文章の長さについて
文章の長さについてもう少し詳しく補足をしていきたいと思います。文章の長さはオファーやコンテクストによって変わります。コンテクストと言う言葉はなかなか聞きなじみがないかもしれないので簡単に説明をしたいと思います。

コンテクスト=背景情報

コンテクストと言うのは背景情報を意味します。
例えば、新型コロナウィルスをきっかけに多くの起業家がZoomと言うオンライン会議システムを使うようになりました。もしも、『ビジネスで差が出るZoom活用チェックリスト』と言うものがプレゼントされるオプトインページがあったとします。
恐らく、あなたはこのチェックリストをプレゼントって言われただけでその価値はイメージできると思います。
しかし、もしこのオプトインページを今から数年前、例えばコロナウィルスが流行る以前のタイミングで、具体的に言えば2019年にこのオプトインページを見たとしたら。あなたはこのチェックリストの価値を感じるでしょうか?
おそらく多くの人たちはZoomと言うものを知らないがために、このチェックリストの価値を感じられないはずです。
つまりは、適正な価格、情報の複雑さ、認知度、読み手の認識レベル、このようなものによって伝えるべき情報量は異なってきます。
背景情報、コンテクストとして読み手が理解しているものに関しては短い文章でも価値を伝えることが可能です。新型LPは、原則としてお客さんが既にコンテクストを持っている状態になります。

LPを作成するにあたって1番大切な事は読み手であるお客さんが行動をしてもらうことになります。

そのためには必要十分な情報を届ける必要があり、既にお客さんが認知している情報、コンテクストがあるのであれば繰り返し伝える必要はありません。
従来型のLPに関して言えば、インターネットの情報を得ている層がまだ少ない時代に、メインで活用されたものになります。インターネットの普及によって、多くの人たちがSNS、Google、YouTubeなどを活用して情報を日々得ています。それによってコンテクストが広がっています。そういった状況の中で新型LPは生まれてきました。
繰り返しになりますが、1番大切なのはお客さんに行動してもらうことです。従来型LPがいいのか、新型LPが良いのか、その答えはお客さんにしか解りません。あなたのお客さんはどこまでコンテクストを持っているでしょうか?それを踏まえてLPを作成されると良いのではないでしょうか。