sales-writing

リストがドンドン集まる!オプトインページ作成で大切な3つの事

リストがドンドン集まる!オプトインページ作成で大切な3つの事
メールアドレスを取得するためのページであるオプトインページを作成するときに重要になってくる3つの考え方についてお話をしていきます。
オプトインページで大切な3つのこと

1つ目は、シンプルであることです。

シンプルな文章を書かなくてはいけません。なぜシンプルな文章が必要なのかと言うと、オプトインページを見ている段階のお客さんはまだあなたのことを知らないケースがほとんどのはずです。あなたとお客さんとのあいだにはまだ関係性がありません。
そのため、いろいろなことをお伝えしたとしてもお客さんはまだあなたのことを信じることができないので情報を全て受け取る事は難しい状態です。
ではここで伝えるシンプルに伝えるべき事と言うのはどういったことなのかを考えてみたいと思います。

オプトインページの目的はメールアドレスを獲得することです。

何か商品を買ってもらうということが目的ではなくただメールアドレスを獲得することが私たち販売者側の目的になります。
なのでお客さんがメールアドレスを登録することによってどういったことが得られのかということをわかりやすく、シンプルに伝える必要があります。
どうしても販売者側である私たちからすると、メインの商品であるバックエンド商品やコンサルティングサービス、カウンセリングサービス等のメインの商品を伝えたくなる気持ちになりますが、ここでいきなりお客さんにそのような情報を伝えたとしてもお客さんは興味を持ちません。

お客さんが求めているのは、簡単に、楽して、だれでものような魔法にかかるようなことを期待しているのです。

この段階で難しいことを伝えるのではなく、メールアドレスを登録することによってどのようにプラスの変化が得られるのかっていうのわかりやすく伝えてあげる必要があります。

2つ目はインセンティブがあることです。

ここで言うインセンティブというのはどういうものなのかって言うと、簡単に言うと特典です。先程のシンプルである事の所でもお伝えした通り、お客さんが求めているのは即時性のあるやり方や、魔法のような手法を求めています。何か自分が知らないような裏技があるのではないかなって言う気持ちから、新しい方法を探しているのです。
それを満たしてあげる特典を用意してあげる必要があります。つまりはオプトインページで伝えてあげる事は何なのかと言うと特典がどのようなものなのか、その特典をもらうためにはどこにメールアドレスを入力する必要があるのか、入力した後どのボタンを押すのか、ということがしっかりと伝えなければいけないことになります。

3つ目は社会的証明があることです。

これまでお伝えしていた通り、お客さんが求めているのはインセンティブである特典になります。その特典が無料でもらえるので、お客さんの気持ちの中には少し疑いやちょっとした不安があります。その疑いや不安を解消してあげる必要が出てきます。
そのためには社会的証明や、実際にその特典を先に受け取った人の感想とかを合わせて示してあげることによってお客さんは安心してメールアドレスを登録することができるようになります。
オプトインページを作成するにあたって非常に大切になってくる3つのことをお伝えしてきました。当たり前に思うようなポイントももしかするとあったかもしれませんが、世の中に出ているオプトインページを見てみると、
このような当たり前だと思うようなポイントを踏まえていないオプトインページがたくさん散見されます。
1番の目的はお客さんのメールアドレスをいただくことです。そのためには当たり前であるこれらの3つのことをしっかりと意識しながらオプトインページを作成する必要があります。
繰り返しになりますがオプトインページで1番大切なこと、オプトインページの目的は、お客さんのメールアドレスを取得することです。
それ以外の目的がオプトインページでは生じる事はありません。ただただ、メールアドレスを取得するためにお客さんにとってシンプルであり、インセンティブが明確であり、社会的証明があり信用できるページを用意しておく必要があります。
シンプルでインセンティブ

どんなインセンティブが必要か?

オプトインページではただ単にメールアドレスを登録してくださいと言う指示だけでは、お客さんはなかなかメールアドレスを登録してくれません。
メールアドレスを登録する代わりに、手に入れられるインセンティブ、特典が必要になってきます。あなたのお客さんが求めている特典はどのようなものがあるでしょうか?考えてみてください。
考える際に必要なのは、実際に競合他社、あなたのライバルである人たちがお客さんにどのようなインセンティブを用意しているのか確認してみてください。
メールアドレス獲得が目的