NOBU【フリーター×社長】のプロフィール

『勇気の大きさ=人生の豊かさ』

 

はじめまして、フリーター×社長ブロガーの『NOBU』です。

人生の中で最も大切な価値観こそが『勇気』です。これまでの僕の人生を作り上げてきた価値観です。

 

●『勇気の大きさ=人生の豊かさ』

●僕つまり『NOBU』

 

について、サクッと書いていきます。なのでサクッと読んでくださいね。

 

現在、働くサラリーマン・OLのための

起業準備ビジネスプロデューサーとして活躍。

 

独立を決心、

意識していたのにも関わらず、

いつの間にか周囲と変わらない

– – – – – – – – – – – –
”ふつう”のレール
– – – – – – – – – – – –

を走ってしまっている人々を

「個性が輝く成功のレール」に導き、

起業準備・独立のサポートをしている。

 

 

「人と違う経験をしよう!」

 

と思っていたはずなのに・・・

「このままだとじぶんの存在価値を

発揮することができない

人生しか待っていないのでは…」

 

と思い悩んでいる方へ、

 

“3ヶ月後には毎月50万円、

じぶんの
個性を最大限に発揮し、

今後も継続して稼ぐ力を身に付け、

ビジネスとしてのシステムを構築する”

 

 

クライアントと共に“0→1”を

創り上げるサポートをしている。

 

 

ご挨拶が遅くなりました。

 

勇気のBAZOOKA(バズーカ)で

人生を目覚めさせるスペシャリスト!のNOBUです。

“起業準備ビジネスプロデューサー”

“売上を掴み取る特攻隊長”

のNOBU(本名:田中 信幸)です。

として活動しています。

 

1990年6月 栃木県足利市生まれ。

田舎という環境で

友達と遊びまわる幼少期を過ごす。

 

小学校では、

野球やバスケットボールなどの

課外活動をはじめ、

書道や、珠算、英語などの

習い事にも積極的に取り組む。

 

中学校では、

部活や、生徒会活動に勤しむ中で、

地元の市が企画する

姉妹都市交換留学生プログラムにて

学校代表として選抜され、

アメリカのイリノイ州に派遣される。

 

学業成績が「悪くないかったから」という

そんな理由だけで、地元の進学高校に進学。

 

勉強をしながらも、

特にやりたいことが

明確ではなく、

なんとなく学習院大学に入学する。

 

大学時代は、

サークル活動やアルバイトに熱中。

 

飲食店でのアルバイトでは、

全国600店舗の系列店の中で、

会員獲得3ヶ月連続全国1位を獲得。

 

その後、

企業のインターンシップや短期留学を経験するものの、

充実感を得られず就職活動に不安を覚える。

 

そんなとき、

高校時代に読んだ書物の一文、

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

『ガンジス川での沐浴を経験したことで、

私の人生の価値観が変わり・・・』

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

という話を思い出し、

何かに引き寄せれるかのように

時間を確保、そのまま勢いで

インド行きの航空券を購入する。

 

 

何かが変わるのではないか?

 

ワクワクと少しの不安を抱きながら、

リュックを片手にいざインドの地へ。

 

各地を回りながらインド人の

エネルギッシュさや温もり、謀略さ、底力に触れ、

いかに人間という生物がたくましく、

情熱が溢れ出るものなのかを体感。

 

ガンジス川の畔りの

上流と下流には火葬場があり、

毎日数多くの肉体が焼かれ、

ガンジスに帰されていく。

 

そんな日々の生活に

必要不可欠になっているガンジスに

生命の雄大さを覚える。

 

その辺一帯にいた

旅行者の日本人や

外国人が誰も川に入らず、

傍観している姿を

横目に見ながら

衣服を脱ぎ捨て腰に布を巻き、

 

いざ生と死を生み出すガンジス川へ。

 

 

一歩また一歩と足を踏み入れる中で、

冷たい水の感覚とともに

不思議な安心感に近いものを感じながら、

全身ガンジスの中へ。

 

全身が浸かったその瞬間!

 

なんと今でも信じられないのだが、

肉体から意識だけが取り出され、

宇宙から地球を俯瞰する状態になった。

 

自分の肉体と意識が

どんどんどんどん引き離されていく中、

必死に自分の存在(肉体)を

見失わないようにしていたが、

宇宙まで来ると自分自身の存在場所や足跡など、

全く観ることができなくなった。

 

それでも自分という存在を探そうとしたが、

多くの人たちに同化してしまっている

自分など探し出すことができなかった。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

『悔しい、、、自分はこんなものなのか、、、

なんてちっぽけな存在なんだ、、、』

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

これまで自分が、いかに小さな世界での

頑張りだったかということを突きつけられ、

約20年間の常識が

音を立てて一気に崩れ去ったのだった。

 

しかし不思議なことに、

自分の常識が崩壊していく恐怖とともに、

ある感情が湧き立ってきたのである。

 

それは

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

『このままでは死ねない。

もっと貪欲に生きて、生きた証を作り出そう』

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

という希望や期待に似た感情だった。

 

これまでもそれなりに

自由に大きく生きてきたつもりだったが、

人生のミッションを受け取ったことにより、

足枷が外れて更に身が軽くなる思いだった。

 

3年というタイムリミット

 

帰国後、就職活動に入る。

どの面接でも

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

「3年以内に独立のため退職する」

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

というメッセージを貫き通した結果、

数社から内定をもらうも

最終的には

インターネットショッピングの可能性に魅せられ、

楽天株式会社に入社を決断。

 

花形事業、部署である楽天市場事業部

ファッション営業コンサルタントに配属される。

 

 

外資系企業や大手アパレル、

上場企業のEC戦略に関わり、

約400社もの売上改善に貢献。

 

“安定”という名の『レール』

 

入社2年目で

24ヶ月営業成績がどん底の組織マネージメントを任され、

わずか半年で改善に成功し、社内MVPを受賞する。

 

・キャリア

・環境

・金銭面

 

いずれも日が経つにつれて

満足感が増していき、

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

『この環境にいれば

そこそこの人生がしっかりと手に入るな』

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

という実感を得る。

 

しかし同時に、いつの間にか

『安定』という名のレールの上に

しっかりと乗ってしまっている事に

当時は気がついていなかった。

 

目指すべき『レール』

 

アメリカ人とモンゴル人を

マネジメントしたことを境に違和感を覚える。

 

彼等は新卒で日本の一流企業に就職し、

最前線で活躍している・・・

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – –

それに比べて自分はどうだ?

– – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

就活のときに海外の一流企業に務めて

そこの最前線で活躍しているイメージを持てただろうか?

 

「マズイ、、、気づけば、

また小さく纏まってしまっている。」

 

忘れかけていた自分のエネルギーを思い出し、

『このままでは自分の満足する人生はない』と、

独立を決意。

 

 

人の成長に関わる仕事がしたいと、

教育業界で留学事業ビジネスをスタート。

 

国内スポンサー契約や、

13カ国の語学学校、

約200学校提携などに成功する。

 

同時に

WEBコンサルティング事業も立ち上げる。

 

人生の転換期

 

そんな折、

ある一人のメンターに出会い、

個性の活かし方、

価値観の重要性を学ぶ。

 

ビジネスに取り組む上で

必要不可欠な土台を作りにつながり、

成長へのアクセルを踏み込むきっかけとなった。

 

『ビジネスとして

お金をもらうことはこういうことか!!!』

 

っと。そこから新しいスタイルでのビジネスを実践し

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – –

2ヶ月間で168万円の実績を得る。

– – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

そこでの経験は大きく、

今までの自己流というものに個性を感じ、

成功を目指していた考え方の自分にとっては、

大きな革命だった。

自己流での限界を理解し、

成長に師は不可欠であることを痛感。

 

クライアントの幸せと自己成長

 

WEBコンサルティングに加え、

起業のいろはを伝える

起業準備ビジネスプロデューサー

として道を切り開く。

 

起業準備ビジネスプロデューサーとしての

継続的なサポートは

自身のビジネスのあり方に一致し、

クライアントの個性を目覚めさせ、

『ありがとう』という

感謝のメッセージをもらうようになる。

 

 

一人で自分の中に眠る個性を

目覚めさせることは

本当に難しいが、

目覚めたクライアントはさらに可能性が広がり、

成長を加速させている。

 

社会は誰が創り上げているのか。

 

昔、おじいちゃん、

おばあちゃんが

一生懸命創ってきてくれた。

 

そしてこの瞬間、

将来につながる社会を

築いているのは、

 

あなたです。

 

あなたの個性が目覚め、

活発になればなるほど、

日本の活気がより高まってくる。

 

日本のエネルギーが

高まれば高まるほど、

世界に日本の

素晴らしさが波及していく。

 

あなたは、それほどの影響力を持っている。

 

今の日本に元気がないのは、

引っ張ってきた大人たちが元気がなかったから。

 

東京の通勤電車のサラリーマンの表情を見れば一目瞭然。

 

そんな彼らから生み出される

モノ、コトには未来に対しての

喜びや期待、情熱は含まれているのだろうか。
(含まれていないだろう。)

 

今まではまだ、それでもよかった。

 

しかし、

もうそんなことでは済まされない。

 

今後さらに雇用のボーダレス化が進み、

AI(人口知能)がより台頭は避けられない。

 

今まで日本が大切にしてきた、

文化・慣習のままでは時代遅れになる。

 

これからは本物の自分(個)ではないと生き残れない。

 

今こそ、自分の人生に目覚め始めないといけない。

 

 

『人々が輝く世界はどんな世界だろう!?』

 

子どもたちは大人を見て、

夢や希望を持つことができる。

 

大人たちが輝いていれば、

子どもも輝きを求め、

その結果として社会は輝きより豊かになる。

 

その一度動き始めた

正の影響のスパイラルは

簡単には止まらない。

 

豊かな世界を生み出している人々は

自分自身の存在価値を明確であり、

愛に溢れ、希望と情熱に包まれている。

 

今この瞬間、

 

少しでも自分らしく輝くことが、

社会への貢献であり、

最高の人生につながる。

 

そして、

そのあなたの輝きは、

後世にも引き継がれていくだろう。